祝100日光おみやげ!お食い初めでようやくご飯を食べる

つい先日、こどもが生後100太陽だったので思い出フォトを撮りに赴き、自宅でお食い初めをしました。

思い出フォトはスタジオアリスで撮ったのですが、服装が沢山あり何かと着せたくなってしまい選ぶのにいともタイミングがかかってしまいました。
こどもの機嫌が悪くなるといけないので悩んだ成績、被服と洋服の2着を着せることにしました。
スゴイ笑ってくれないこどもに、お姉さんらがなんだかんだ娯楽かけて頂きかりに笑みのフォトが撮れました。
フォトが出来るのが今から楽しみで仕方ないだ。

その後は自宅で簡単にですがお食い初めをしました。
朝から、煮物やお赤飯などを用意しました。
年長人間に食べさせてもらうとの案件だったので、旦那のおとうさんに食べさせてもらいました。
物珍しかったのか、口元に食材を持ち歩くと直ちに食べようと口をあけるこどもに皆で笑ってしまいました。
お吸い物をスプーンで近づけたらほんのり飲んでしまったのですが、モグモグして上手に飲んでいて驚きました。

こどもの成長を可愛らしく思いつつ、短く食材を食べられるようになる太陽が待ち遠しいです。http://www.igroupcal.com/musee-hige/

大気や日定数などについて稽古をしました

空気などについて教育しました。お天道様発光野望の受けとりやつの緯度による違いが、空気や海水の運動をひき引き起こし、またタイミングによる受けとりやつの違いが天気のタイミング改善を生み出していらっしゃる。地球はずっとお天道様からの発光を受けていますが、その入射体積と等量の熱が地球から大気圏外側に発光され、地球の熱収支が保たれていらっしゃる。私たちの視覚に受けとる可視光線は、電磁波の一種です。電磁波は波長の短いものから長いものへ、γ線・X線・UV・可視光線・赤外線・電波に区分されます。お天道様から発光されている電磁波(お天道様発光)の波長別の野望の強さは、可視光線の箇所が何より深く、それより波長の長い店舗も、少ない店舗も弱くなっていらっしゃる。地球が浴びるお天道様発光を日射といいます。地球とお天道様の差異がその程度距離にあるタイミング、大気圏の最上部でお天道様発光に垂直な件が乗り越える日射体積は1.37kW/�uだ。これをお天道様定数といいます。はなはだ勉強になりました。アメックスブラックカード特典