デンプンのことや基質別物性などについて育成

教育しました。デンプンを溶かした寒天中にヨウ素液を加えて、ヨウ素デンプン反応を示した培地に、だ液(デンプン分離酵素を取り込む)を加えると、加えた所だけデンプンが分離されて、ヨウ素デンプン反応がなくなります。試験管の中で、ない塩酸と水酸化ナトリウムを混合すると、それだけで反応が起こり塩化ナトリウムが生じます。しかし、生体内で掛かる大部分の連続には、酵素が触媒としてはたらいています。ますます酵素は触媒やれる先方(基質)が、ピッタリヒントと鍵穴のように決まっています。こういう本質を基質異色性といいます。例えば、アミラーゼという酵素はグルコースを種と講じるデンプンを分離しますが、おんなじグルコースからできていても、様式が違うセルロースは分離できません。勿論全く異なるタンパク質などは分離できません。このように、さまざまな物が混在やる溶液の取り分け、酵素は自分に当てはまる特定の先方を見つけて反応を誘い出すので秩序だった反応がすすむことになります。勉強になりました。消費 者 金融 大学生