うちが高額宝くじには当選してほしくない理由

宝くじのシーズンです。当たったら家買おう、車買おうと夢は膨らみます。けど、実際には当たらないと思ってるので自分では買いません。しかし、夫が今年こそ買うぞと張り切りだしました。金額は3000園程度…。外れてもそこまでの損はないから勝手にしてくれって感じですが、当たった時の夫の妄想が付いていけません。
まずは家と車を買う。ここまではいい。問題はその後です。仕事辞めて、家でゴロゴロ。ゴルフ行って、たまにジムに通い、友人に百万づつ配って…なんて耐えれません!友人に配るのもどうかと思うけど毎日家に居るなんて…。ここが私にとって本当に深刻な問題なのです。
なので数億円なんて当たってほしくないのが本音。投資した分を回収し、尚且つお正月に普段よりもリッチに過ごせる金額、5万ほど当たってくれればいいかなあ。まあ、まだ買ってもないうちから要らぬ心配事だと思うけど(^^;)
我が家には億の当選はいらないけど、夫のみ5万ほどの臨時収入があったら多分イラッとしそうなので今年は私もこっそりと買ってみようかな。もちろん、当たった時は内緒です。億が当たったとしても…。エピレ VIO脱毛

江戸時代になってほしいくらいだ

そのカモフラージュ3床建ての飼い主が、側の祖父におべっかを扱うのか、たえずシニアが、うちの悪口を吹聴しているのですが、うろうろするので、出くわすのでしょう。祖父の一部への悪口に、同調するふりなのか、心から同調して、「はーはーはー」と大声で微笑みます。予め、雰囲気、津々浦々因習を理解していない個々なのでしょうか。
祖父うろ付きも困ることは窮するのでしょう。職務に差し合いますから。しかし、一部と同じように、何も探しずに,入ってきたのです。側のおかあさんが、クルマを差し出す時折、きっちり、黙殺爺が恫喝のために歩道に出てくるのです。
そんな津々浦々は困ります。どう、こんな風になってしまったのでしょうか。すばらしく始める、きれいにする、公共のものは、邦人すべてのもので、携帯物ではない。こんな風に育たなかったのでしょうか。そんなお老人が多いのが、不思議です。
江戸時代の日本になってほしいだ。邦人の因習がおろそかになりすぎていらっしゃる。ミュゼ 足 脱毛